WW2独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944 〜グナイゼナウラインの攻防」

>WW2独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944 〜グナイゼナウラインの攻防」topイメージ

WW2独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944 〜グナイゼナウラインの攻防」は2018年12月22〜23日にかけて開催、終了致しました。

  • 模擬戦闘参加者 計70名
  • 赤軍23名
  • ドイツ軍47名
  • 見学20名
  • 出店 14店舗
  • 砲兵スタッフ 3名
  • 撮影スタッフ4名
  • 会場スタッフ3名

  • 総計 100名

  • 関西ヒストリカルイベント運営事務局の前身であるHSW実行委員会主催による第1回ヒスサバウエスト(2001年10月京都にて開催)から17年、ざ・パシフィックフロント(2010年8月開催)から8年を経て、ようやく「リエナクトメント」の実施に至った今回のイベントですが、いかがでしたでしょうか?
    これまで開催させていただきました各イベントから部隊、時期、地域を想定して装備被服のレギューレションをより深く設定させていただき、シチュエーションを定めて実施させていただきました。
    また参加者皆様を始め会場である「バトルランド-1」様、同公認サバゲインストラクター コマンドースクール教官である「はんちょう」様ご一同、「和歌山機甲師団長」様のご協力を得て、事前に会場内の整理を行わせていただき、可能な範囲で目立つ障害物の撤去、陣地構築及びイベント後の復旧も実施いたしました。
    スタッフの人数及び能力的なキャパシテイから皆様にはご不便をおかけすることも多々あったかとは思いますが、どうにか終了まで運営できたのはひとえに参加者の皆様の熱意と、イベント内外からご協力いただいた関係者の皆様のおかげであり、運営事務局一同心から感謝いたします。
    今回のイベントについては勿論、その他を含めてイベントレポートやご感想、ご意見等をいただければ今後の運営に反映させたいと思いますので、事後のご協力もお願いする次第です。
    また次回イベント、というのは現段階では未定でありますが、他での開催のイベント等を含め、いずれの日か皆様と再会する日を楽しみにしております。
    本当にありがとうございました。

    2018年12月24日 関西ヒストリカルイベント運営事務局

    ※オフィシャルイベントレポートについては公式ブログにて随時更新して行く予定です。
    ※お申込のありました、オフィシャルカメラマン撮影写真データについては近日中にデータDVDにて発送させていただきますので、いましばらくお待ち下さい。
    ※お申込のありました、オフィシャルムービーDVDにつきましては本日より編集作業を開始いたしますが製作、完成までには最大半年程度はかかる可能性があります。
    完成次第、告知し発送させていただきますので、ご了承下さい。

    次回イベント

    次回イベントについては現在未定です。

    来年5月あたりにWW2サバイバルゲーム「HSW-18」、以降に日ソ戦リエナクトメント「マンチュリアフロント1945」等を計画しています。
    ※あくまで「計画段階」であり開催時期、内容は変更になる可能性がありますことをご了承下さい。

    主催イベント

    WW2装備限定ヒストリカルサバイバルゲームイベント「ヒスサバウエスト」告知ページバナー
    WW2装備限定ヒストリカルサバイバルゲームイベント「ヒスサバウエスト」
    WW2太平洋戦線イベント「ざ・パシフィックフロント」告知ページバナー
    WW2太平洋戦線イベント「ざ・パシフィックフロント」
    WW2欧州西部戦線イベント「ざ・ウエストフロント」告知ページバナー
    WW2欧州西部戦線イベント「ざ・ウエストフロント」
    WW2独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944」告知ページバナー
    WW2独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944」

    Blog&Movie

    関西ヒストリカルイベント公式ブログバナー
    関西ヒストリカルイベント運営事務局公式ブログ
    先任堂チャンネルバナー
    イベント動画「先任堂」チャンネル

    HOME 事務局について イベント情報 書庫 リンク お問合わせ

    Copyright(c) 2011- Kansai Historicalevent ManagementSecretariat All Rights Reserved.